忍者ブログ
HOME Admin Write

まあの日記

つれづれなるままに・・・

先日買ったって書いた


この2冊のうち



こたご」藤崎彩織

を読了。



藤崎彩織さん・・って、SEKAI NO OWARIのさおりちゃんです。
めちゃめちゃピアノ上手くて、
ライブの演出もできて、
お顔も可愛くて、
さらに、本も書けるのかっ!

天は何物もあたえすぎだろっ!emojiemoji


出版されたときは「そのうち文庫がでたら買おう」って思ってて
そのころには忘れてて(ってか、文庫はでてるんだろうか?)
 BookOFFで見つけたのでついつい手に取ってしまった。

SEKAI NO OWARIファンですが、
全然前情報なしで、読み始めました。emoji


まぁ読んですぐにおもったのは
「あ、これ、さおりちゃんと深瀬さんだわ」でした。
もちろん、名前も変えてるし、
状況も多少ちがうし。

だから、ここに書かれていることがすべてノンフィクションってわけではないだろうけど、
深瀬さんっぽいひとから発せられた言葉とか
さおりちゃんが「言われてうれしかったこと」だったりするし、
深瀬さんがかかえる病もそうだし。
ピアノを必死で練習している主人公と、
バンド活動に巻き込まれていくこととか・・もう、完全に、ソレ。



って考えると、
さおりちゃん・・・大変だったんだねぇ・・・emoji


とにかく、主人公のなっちゃんを振り回す月島。
それでもなっちゃんが月島から離れないのは、共依存なんだろうな・・って思った。
友だちの作り方がわからないと悩む14歳のなっちゃんに、15歳の月島が言った
「お前の居場所は、俺がつくるから」
って言葉でもうず~~~っと一緒にいるんだろうな。


なっちゃんが月島に抱く気持ちは、限りなく恋に近いけど、
月島はそれを「恋」とは思っていないし、恋にしたいとも思わないし、
たとえば
「親子や兄妹感」に対する「恋愛」と同じぐらいに、ナイものだと思っている感がある。
(いや、月島はワンチャン「親や兄妹に恋をしちゃだめって誰がきめたの?」って聞きそうemoji

だから、なっちゃんはつらい。

でも誰かに「どういう関係?」って聞かれたら、時々月島は「恋人」と答える。
それはきっと、説明するのがめんどくさいから。
そしたらなっちゃんは「私たちは恋人なんだろうか?」って悩む。


高校を中退し、留学することになった月島に対し、
出発までの1年で心の整理をするのに、
月島は3日目にしてなっちゃんにSOSをおくる。
中3のなっちゃんはそれを受け止められない。
だって音楽学校の受験で何時間でもピアノを弾かないといけないのに、

そして彼は2週間で帰ってきた
しかも、心を病んで。

もう、このあたりがめちゃめちゃしんどい!emoji
よくついて行ったよなぁ・・・って思う。

「ふたご」っていうのは、冒頭でててくるんだけど、
二人の関係は双子のようだ・・って事なんだよね。
二人の掛け合いの「言葉の意味を探る」ゲームみたいなのは、その関係性でないとわからないものだし、
つっぱねても、ケンカしても、結局最後はくっついている。
月島に好きな子ができても、彼女ができても。


むかし、セカオワのドキュメントで二人が喧嘩しているのを見た。
「こんな高い音でないよっ」って深瀬さんが怒って
「やってみないとわからないでしょ」
「サオリちゃんは自分がやらないからわからないんだよ」
「私はやらないよ!フカセがやらないとどうするのよ!」
「もう、いやだ!歌わない!」
そんな感じの喧嘩だったと思う。
で、深瀬さんはブースを出て行ってしまう。

しばらくして、なんらかの話し合いだっけ?
さおりちゃんが声をかけて
もう一回やってみる・・ってことになって
ブースにはいっていく深瀬さん。
アドバイス通りにやるとその声が出た。
そしたらちっちゃい子みたいに微笑んで、さおりちゃんを見て。
その後ろを通るときに

「さおりちゃん、ごめんね。ラーメンたべにいこう」

ってちっちゃい声で言うの。
そしたらさおりちゃんも、にこ~って笑って・・・


この関係性ってすごいなぁ・・・って思った。
仲間とか友達とか恋人とかそういうんじゃなくて、
やっぱ親子とか兄妹とか、そんな感じの空気だった。

んで、忘れたけどそのあとさおりちゃんが深瀬さんをよぶとき
「ケイくん」って下の名前で呼ぶ。
それはプライベートの時間に呼ぶ名前。


さおりちゃんはすでにほかの人と結婚して、子供もいるし、
深瀬さんは何人も彼女ができては分かれてをくりかえしているっぽいし。
ここの二人がくっつくことはないんだろうけど。

ライブで二人がくっついたり、
グランドピアノを弾くさおりちゃんに、必要以上にべたべたしにいく深瀬さんだったり、
(その日、当時恋人だったきゃりーが見に来ていた)
それを「めっちゃいいemoji」って思うのは、
この何とも言えない二人の関係性と空気なんだろうな・・・って思う。


そんな二人の空気がこの本の中にはいってるし、
どうしてそんな空気がうまれたのかもわかる、一冊でした。





もう一冊

「ファーストラヴ」島本理生
を読もうとおもっていたんだけど、

私の貸し出しカードのパスワードがわかんなくなったので、
 昨日、図書館にちょっと立ち寄ってクリアーにしてもらったついでに
2冊ほど本を予約して、
そのついでに



「麦三歩の好きなもの」住野よる
を借りてきてしまったので、
先にこちらを読まなくちゃ!!



PR

この記事へのコメント

お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
まあ
Webサイト:
性別:
女性
趣味:
手芸・読書・大道芸・音楽
自己紹介:
平成10年生まれのみ☆
平成15年生まれのま☆の母です。
コザクラインコのテトもいます。
ロボットのぞみクンと出会ってから
大道芸が好きです。

読書も好き。
映画見るのも好き。
漫画読むのも好き。

最近は2.5次元コスプレダンスユニットにも夢中。
2A推し。

なんでも興味があるお年頃・・・(笑

最新コメント

P R

Copyright ©  -- まあの日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]